FC2ブログ

自作CNCの製作を終えて、GB500とライフ360と戯れてます・・・

自作CNC 45 ~門型CNC精度確認~

2014/05/16 20:14 ジャンル: Category:本体
TB(0) | CM(3) [Edit]

自作CNC第45弾は概ね使える状況になってきたので、静的精度の確認をします。

 

あくまで静的なので、加工精度とは別物なんですけどね~。


テーブルの平行度。

2014-04-29 18.43.17

2014-04-29 18.45.22

 

 

 

直角度。

2014-05-05 17.43.51

2014-05-05 17.41.14

 

主軸のたおれ。

目視だけで、測定は省略しましたw

2014-05-07 18.00.04

2014-05-07 18.00.35

 

まとめ。

140511_static_accuracy

 

 

だいあたい300×150の範囲で平行度、直角度ともに0.05mm程度ですので、

以前と比べればだいぶ向上しました~。

 

 

因みにおまけで主軸の振れも計ってみました。

2014-05-07 18.06.11

 

コレットから10mm下:2um

コレットから50mm下:8um

※100rpm

 

恐るべしYUKIWAのチャック。

 

 

 

 

おしまい。

関連記事

加工精度について
はじめて書き込みします。
いつも拝見していて大変勉強になります。

恥ずかしながら、私もCNCリューターを製作したのですが、色々な方がスピンドル精度を重視されているのを見て、剛性と芯振れの精度が良い物にしようと思い立ちました。
元々はスピンドルについて無頓着でして、今までリョービのリューターの物を流用していて
最近、オール製作品で作ってみたのですが、以前より剛性も芯振れも改善したと思われるものの、
切削した時の加工精度では、鉄鋼を内径φ5と10mm角を切削したところ、0.02mm程度XY軸方向でズレています。
リューターと名乗っている程度ですので、元々の加工精度は0.05mmも出ていれば十分という
考えでしたから、その結果は問題ないのですが、他の方の加工精度はどのくらいなのか?と
疑問に思い書き込みした次第です。

失礼な質問ではありますが、お答えいただけたら幸いです。
[ 2014/10/18 11:17 ] [ 編集 ]
アシリンさんこんにちは。
失礼なんてとんでもないです。
マニアックな世界ですが、同じようなことをされている方がいらっしゃると何だかうれしいです。

さて、ご質問の精度の話ですが大変興味深い内容ですね。
鉄鋼(SS400か何かでしょうか?)で0.02mmのズレとのことなので正直素晴らしい精度ではないでしょうか?
私のCNCはアルミフレームですので鉄に穴をあけることすら大変だと思います。

これまで削った感じ(アルミの話です)から行きますと、φ42の穴でH7公差程度で開けられていましたので、一品ものでしたらφ42±0.01(0.02)mm程度には入っていると思います。
機械の総合精度としてはそこまで出ていないので、テーブルのすべてのエリアで同じ精度が出せることはないと思います。
■ご参考
http://garagejb.blog.fc2.com/blog-entry-99.html

ただし、私はMACH3のMotor Tuningのsteps perの部分を実長さに合うように調整(メカ的精度の悪さを誤魔化しているだけですが・・・)しているのでXYのズレはもう少し少ないかもしれません。この辺は静的/動的の違いなどもあるのでなかなか難しいところですが一品もので精度を出したい場合は、steps perの調整やCAMでのオフセットなどソフト的な処理でどうにかしてしまっています。(本当はよくないですが、まぁ趣味なので・・・(^_^;))


本当でしたら同じ加工をして精度をお教えしたいところですが、生憎中国に出張中ですので実精度はまた後日ということで、多少妄想も含んでいますがご了承ください。
[ 2014/10/18 12:50 ] [ 編集 ]
早速の返答ありがとうございます。

確かに、日本国内では少ないですね。
こうして意見交換できる相手がいるのは心強いです。

私はGRBLを使用しています。
細かい補正は出来ないので、メカ精度のみとなってしまうのは難点なんですが、
10年以上前の古いPCでも動いてくれるのと、基本無料なのでコレにしています。

私のCNCもアルミフレームを筐体にして、ベース板なんかもアルミを多用しています。
ただ、加工範囲は狭く150×200程度しか無いので、その辺りが剛性に貢献している様です。

kenboさんのCNCを見るとボールネジにLMガイドと、かなり羨ましい仕様となっているので、
自分のも、その辺りを導入すれば加工精度が向上するのか気になる所ではありますが、
予算が乏しく、夢のまた夢と言ったところです。

ちなみに鉄鋼の材質はS50Cです。

では、またお邪魔いたします。
[ 2014/10/18 18:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Flashカレンダー
訪問者

検索フォーム