FC2ブログ

自作CNCの製作を終えて、GB500とライフ360と戯れてます・・・

自作CNC 1 ~テーブル製作~

2013/10/11 22:37 ジャンル: Category:本体
TB(0) | CM(0) [Edit]

前回の更新から3か月・・・・ブログ向いてないみたいで(笑)

 

さてようやくCNCの本体づくりスタートです。

 

 


 

今回作成するCNCは門形仕様にしました。

理由は貧乏だからです(笑)

 

お金があれば『リニアガイド+ボールねじ』で立形フライスが良いのですが、

何しろリニアガイド&ボールねじがバカ高いんです。

 

まずは『丸ガイド+台形ねじ』でつくってみようってことで門形タイプです。はい。

しかも置く場所もあまりないので、可動門タイプにします。

 

主軸が重いと移動速度(加工速度)が上がらなそうな気がしますが、

初めてなんでとりあえず作ってみます。

 

ちなみにASSY図はこんな感じで。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

gantry type cnc

 

主軸の変速機はまだ描けてないし、可動門も形状変更しないとテーブルサイズを生かせないのですが、

飽きてしまったので、製作しながら考えます(笑)

 

まずはタイトル通りテーブルを作製していきます。

 

部品図はこんな感じで。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

gantry type cnc table

 

まずはテーブルのベースとなる板を切り出していきます。

 

225×412×10の5052(アルミ)を切り出すだけですがマイガレージでは一苦労です。

ハイトゲージも300mmまでしか測れませんので長手方向は多少ラフになってしまいます。

 

2013-08-18 16.45.46

 

 

切り出しはコイツ↓ワークテーブル+丸鋸を活用。

2013-08-18 16.56.35

 

丸鋸は造作木工用ですが、チップソーは超硬ですので10mmのアルミくらいであれば

余裕で切れます。

 

2013-08-18 17.10.34

 

 

アルミフレームも切り出しておきます。

2013-08-18 17.37.54

 

こんな切断面。

2013-08-18 17.40.32

 

 

つづいて罫書いてポンチを打ちます。

2013-08-18 18.40.39

 

 

穴あけ&タップ数 30以上・・・・。 やる前から萎えます。。。。

2013-08-19 18.56.06

 

 

 

M14のタップがありました(汗 マジ勘弁です(笑)

2013-08-24 18.54.06

 

 

アルミフレームの固定穴はアルミフレームとベースを固定した状態で一気に穴あけ。

ミニフライスのフトコロ深さはぎりぎりなので四苦八苦で。。。。

 

アルミフレーム固定穴の工程は

1.センター穴

2.下穴(ベース&アルミフレーム貫通

3.バカ穴(ベース)

4.タップ(アルミフレーム)

5.ザグリ(ベース)

もうやりたくないです。。。

2013-09-07 10.49.41

 

ザグリまくり。。。

2013-09-07 11.04.57

 

 

とりあえず。ここまで。

2013-09-07 12.22.37

 

 

 

おしまい。

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Flashカレンダー
訪問者

検索フォーム