FC2ブログ

自作CNCの製作を終えて、GB500とライフ360と戯れてます・・・

ライフ360 ~フルコン化計画3~

2017/02/18 11:52 ジャンル: Category:フルコン化計画
TB(0) | CM(0) [Edit]

どうもこんにちは。

 

本日はフルコン化計画の中心となるフルコンのお話。

 

基本は作業記録的なブログですが、作業なしの番外編です(笑)


そもそもフルコンってなんだろ?

 

なんか定義でもあるかな~とおもってググってみましたけど・・・・

 

空手のフルコンタクトが出てきました(笑)

 


 

と言う訳で明確な定義はないみたいですけれども、

「エンジンの総合的な電子管理を行うコンピューター」的なことが書かれています。

 

「総合的な電子管理」では具体性がないのでエンジンに限ってもう少しかみ砕くと、「複数のセンサーを使って安全に走れる様に燃調と点火時期を適正にコントロールする」

こんな感じだと理解してます。

 

近年の自動車ば言えば純正ECUが行っていることとなんら変わらないのですが、純正ECUが網羅できる範囲を越えたチューニングを行った場合やよりきめ細やかな制御を行う訳です。

でも「よりきめ細やかな制御」というのは90年代の純正ECUが8bitだった時代のことで、今や車もバイクも32bitを積む時代ですからアフターマーケットのフルコンが「きめ細やか」かどうかは??かもしれませんね。


最近のフルコン事情は知りませんが、昔から知られるフルコンとしては

・HKS F-CON V-Pro@32bit

・Apex Power FC@16bit

・MoTec M800@32bit

・E&E Freedom@16bit

・HALTECH Elite@32bit

私が知っているメジャーどころはこんな感じ。

 

最近のは知りません(笑)

一部変なのが混じっているのもご愛敬です(笑)

 

bit数はブログを書くにあたって調べてみましたが、16or32bitでした。もちろん64bitのフルコンもあると思います。

bitは一度に処理できる情報量の指標ですが、細かい=性能が良いとは限らないのが難しいところです。

 

 

 

 

さて、これらのフルコンは少なくともエンジン制御に限って言えば純正ECUとの置き換えで使用するわけで、各種センサーを流用して制御を行います。

 

つまり何となく燃調マップや点火マップを書けば、空燃比、ノック、水温、圧力などのセンサーでエンジンが危うくなれば補正をかけて適正に制御してくれるし、学習もしてくれるわけです。

 

 

 

で、思う訳です。

 

 

 

つまら~ん(#`Д´)ノノ┻┻;:'、・゙

 

 

 

 

適正というのが厄介で~いくらマップ書いたって、補正しまくりだしブラックボックス。

しかも、ライフ君にいくつセンサーつければいいんだよ(笑)

 

 

 

 

でも、世の中広いので同じようなことを考える人はいらっしゃって・・・・

 

 

「旦那~イイブツありますぜ~漢前なヤツ~ψ(`∇´)ψ」

 

 

SP-TDC v140 写真は拝借しました。(すみません。)

 

右側のメインユニット(点火制御)と左側のインジェクションユニットで構成されます。

 

 

ポイントはその制御方法で、前回紹介したクランク角のピックアップセンサーと負圧センサーの2つだけで制御します。

 

別に回し者ではありませんが、興味がある方は調べてください〜

 

 

 

以上、使用するフルコンについてでした。

 

 

 

おしまい。

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Flashカレンダー
訪問者

検索フォーム