自作CNCの製作を終えて、GB500とライフ360と戯れてます・・・

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-) [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフ360 ~CVK32セッティング編~

2017/01/14 21:56 ジャンル: Category:ライフ360
TB(0) | CM(0) [Edit]

どうもこんばんは。

 

今週末は異常気象でしょうか!?寒すぎです。

 

明日の宇都宮の最低気温は-6℃だとか。。。そんなに低いの聞いたことありませんけど(^_^;)

 

さすがに今週は寒すぎて作業する気はありませんけど、ライフ君はCVK32で快調に走っているのでそのお話でも書きます。

 

写真は油面セッティング中の写真。フロート高さ19mm

IMG_1143

 

それではいってみましょう。


 

あんまり考えたこともなかったんですが、油面の測定方法が気になり調べてみると、フロートのリップがニードルバルブのダンパー部分に触れたところで計測するのが正しいそうです。

 

それに従って測定すると当然写真の様な姿勢になるわけです。

要するにダンパーのテンションが掛からなくても、少しニードバルブに接するだけでガソリンは止まるんでしょうね。

 

因みに写真のフロート高さ19mmで車載した場合の油面は・・・。

マイナス2~4mmくらいでしょうか。

IMG_1142

 

とりあえず、ライフ君のフロート高さ基準は16mmとして再セットしました。

CVKの基準値は17±2mmなので基準値内ですね。

キャブが想定より前のめりにセットされるので、多少油面を上げたほうが良いですがこのくらいにしておきます。

 

さて話が、前後しますが車載状態はこんな感じ。

IMG_1127

 

K&Nのエアクリ(CR-2370)の厚み方向が浅いのでかろうじてバルクヘッドとの干渉しません。

エアクリの種類によってはダメそう。

 

 

 

あっさりエンジン始動。

多少回転数が高めなのは同調前なのでご愛敬。

 

 

 

 

 

 

今回はバキュームゲージが見つかったので、同調がラクにとれました。

2017-01-14 15.52.52

 

 

このあと3回ほどキャブを着脱して概ねセッティングを出すことができました。

 

概ねというのは社外キャブと違ってニードルに自由度がないので中間が今一歩。。。

自分で作っても良いのですが、多分労力に合う結果を得られるテクがないのでやめておきます(笑)

 

それでも、A/Fでアイドリング15、その他13前後なのでかなり普通に走ります。

 

 

現状のセッティングを備忘録として残しておきます。

 

ライフ360 CVK32セッティング 2017/1/14

※CVK32=多分GPZ250Rの純正キャブ

項目 備考
メインジェット MJ 120 GPZ250R=108
スロージェット SJ 35 変更なし
ニードルジェット NJ N52G/F 変更なし
ニードル位置 ワッシャー3mm クリップ固定タイプ
パイロットスクリュー 2回転戻し A/F 15前後
2 1/2回転でA/F 13.5くらい
フロート位置 16mm 基準 17±2mm
エアクリーナー K&N CR-2370  

 

 

とりあえずこれでしばらく乗ってみようと思います。

 

 

機会があれば純正のCVキャブと乗り比べてみたいですね。

 

持ってませんけど(笑)

 

おしまい。

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Flashカレンダー
訪問者

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。