FC2ブログ

自作CNCの製作を終えて、GB500とライフ360と戯れてます・・・

ライフ360 ~エンジン製作11 オイルクリアランス~

2016/04/17 10:02 ジャンル: Category:エンジン製作
TB(0) | CM(0) [Edit]

どうもこんにちは。

 

本日は天気がよろしくなですが、桜も散って春本番。

花壇も新芽と共に草が大量に・・・(^_^;)

芝刈りシーズン到来の予感でございます(笑)

 

さて、昨日も少し作業ができたのでその記録です。

 

歩みを止めたらおしまいだ~ってことで、ライフ君のメタルのお話。

別の機械加工をしながらだったので、あまり進みませんでした。。。

 

2016-04-15 20.12.03

 


随分前にクランクの測定したので、オイルクリアランスも計ってたかな~と思って振り返ると

ライフ360 ~エンジン計測 クランク&コンロッド~

計ってませんでした(^_^;)

 

どうやら子メタルの状態やコンロッドの状態があまりにも悪かったので諦めた模様。。。

 

コンロッドの小端部はオーバーサイズピン(φ17.1)で対応しましたし、子メタルも流用メタルが『ネオライフ』さんから譲って頂けたので追加計測します。

 

因みに親メタルも『cokeclub』さんのリビルトエンジンでは交換されているので、もしや・・・と思って問い合わせしてみましたが、純正ストック品を使っているとのことで入手できませんでした。

 

表は前回のものを流用なので()の値は理論値からの妄想クリアランス。

一番下にプラスチックゲージで計測した値を追記しました。

 

■クランクシャフト計測結果(2016/4/17 オイルクリアランス追記ver.)

①ジャーナル1 ②ピン1 ③ジャーナル2 ④ピン2 ⑤ジャーナル3 S/M基準値
直径A 35.972 35.965 35.97 35.964 35.967 35.982~36.000
直径B 35.971 35.972 35.972 35.974 35.971 35.982~36.000
真円度|A-B| 0.001 0.007 0.002 0.01 0.004 0.003(限度0.01)
曲がり(振れ) 0.000 - 0.000 - 0.001 0.050
(ケース穴径) -40.000 - -40.000 - -40.000 -
(親メタル厚さ) -2.000 - -2.000 - -2.000 -
(オイルクリアランス)
0.029 - 0.030 - 0.033 0.024~0.042
オイルクリアランス
(プラスチックゲージ)
0.038~0.051 0.038~0.051 0.038~0.051 0.024~0.042

思っていたよりいい感じです。

 

所詮プラスチックゲージなので、ファジーですけど(笑)

2016-04-15 20.58.49

 

じゃあマイクロ&ボアゲージで計ればって話しもありますが、単気筒ならまだしも多気筒エンジンはクランクのトオリなども含めて総合的にオイルクリアランスが決まってくるので素人には何だかんだプラスチックゲージがあっている気がします。

 

オイルクリアランスが比較的良いのには理由があって・・・

2016-04-15 20.16.41

多分メタルを替えてからほとんど走らずにブローしたと思われます。

親メタルは手配できないのでラッキーでした。

 

余談ですけどクランクのベアリングキャップの↓こんな感じでビーム付きの一体式なのは救いですね。

2016-04-15 20.51.29

 

 

 

続いて子メタルですが、元々の状態は、

 

左:1番、右2番

2015-12-01 18.59.432015-12-01 18.59.08

 

実は2番側のコンロッドは滑った様な痕があるんです・・・・(T_T)

2016-04-15 21.26.03

 

とりあえず、流用メタルでオイルクリアランスを測定します。

さすがにオイル穴は合わないので、追加工が必要です。あとでやります。

2016-04-15 21.14.40

 

測定はこの位置でやりました。

2016-04-15 21.43.582016-04-15 21.57.08

 

■コンロッド計測結果(2016/4/17 オイルクリアランス、O/Sピストンピン追記ver.)

ピストン1(R側) ピストン2(L側) S/M基準値
小端部直径A 17.103 17.100 ボーリング加工
小端部直径B 17.100 17.103 ボーリング加工
(ピストンピン径) 17.085 17.085 O/S DLC 特注
小端部最大スキマ 0.018 0.018 0.013~0.034(限度0.05)
大端部直径A 39.042 39.03 -
大端部直径B 39.029 39.042 -
クランクピン最少径 35.965 35.964 -
(子メタル厚さ) (1.500) (1.500) -
(大端オイルクリアランス) 0.077 0.078 0.026~0.044
オイルクリアランス
(プラスチックゲージ)
0.038 0.038 0.026~0.045

 

子メタルのクリアランスはさらにいい感じで、マニュアルの中央値あたりです。よかった。

 

小端部のクリアランスもO/Sピストンピンの値に書き換えました。

 

 

と言うわけで~、オイルクリアランスはほぼほぼ適正値に入れることができたので仮組してテンショナー関係の製作に戻りたいと思います。

 

 

本当は貴重なメタルは先に表面処理に出したいのですが、エンジンを仮組出来る代わりもないのでこのまま進めます。

 

 

 

 

 

おしまい。

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Flashカレンダー
訪問者

検索フォーム