FC2ブログ

自作CNCの製作を終えて、GB500とライフ360と戯れてます・・・

ライフ360 ~エンジン製作3 燃料供給装置を考える~

2016/03/04 00:11 ジャンル: Category:エンジン製作
TB(0) | CM(0) [Edit]

どうもこんばんは。

 

まだ『エンジン製作』を語るのは早かったかもしれません(笑)

 

作業時間があまり取れていないので、妄想ばかりです。

 

今回は『燃料供給装置』です。

 

2016-03-03 22.30.17

 

ツインキャブヘッドを準備しているので、純正のツインキャブを持っていればつけるんですが生憎ありません(笑)

 

と言うわけで何を付けようか考える企画です。

 


こちら純正キャブの写真。持ってないのでネオライフさんからの写真借りました。

114_1_33

 

いわゆるCVキャブですが、バキュームピストンがダイアフラムじゃないタイプです。

 

80年代前半あたりまでのバイクでも良くあります。

おなじホンダだとCB400TとかCB750Fとか・・・古(^_^;)

 

ツインキャブはヤフオクに出ていますが、そこそこのお値段。

純正にまったく拘りのない私ですので、折角だから違うのにします。

 

何故に『燃料供給装置』かと言うと将来的にはインジェクションを狙っているからです^ ^
ただし、まともに組めるかわからないエンジンにインジェクションを組むのはあまりにも無謀!?かと思うのでとりあえずキャブでいきます。

 

むしろ流用キャブも無謀か(笑)

 

と言うわけで↓コレです。

160916_head_001

以前に載せたダウンドラフトキャブです。

 

CVK36です。バイク用です。

2016-03-01 20.51.54

 

因みにCVKはKEHIN開発のキャブでヤマハ、スズキ、カワサキが長年使っていたキャブです。

 

ホンダはというと・・・私が知る限りではKEHINのキャブを採用しているものの独自路線だったのでCVKは使っていないと思います。

 

CVKを使う理由はあるようなないような(^_^;)

かなり長い間使われていた=数がいっぱい=派生もいっぱい⇒安い、部品も多数、多分使いやすいはず

あたりでしょうか。。。。

 

なんかいつものコレばっかりです(笑)

 

キャブとしては最終形態ではなく、KEHINだとこの後CVRに進化します。

負圧キャブですが、フラットバルブです。

玉数が少ない&ほど良い口径が見当たらず却下しました。

 

ライフ君は2気筒なので当然ぶった切るわけですが、スロットルリンクの取付けがライフとは逆です。残念。

ワイヤーの取り回しで何とかなると良いのですが・・・。

2016-03-01 20.54.40

 

CVK36なんで口径はφ36です。

ライフのツインキャブはいくつなんでしょう!?ポート径はφ36くらいでしたが・・・。

2016-03-01 20.57.32

 

 

キャブピッチは75mmです。ライフは70mmなんでまぁまぁですかね。

2016-03-01 20.56.36

 

エアクリ側。楕円・・・。もちろん真円のタイプもあります。

2016-03-01 20.52.12

たまたまこれが安かったので(笑)

 

エアクリーナーはK&Nとかのパワーフィルターを使おうかと思ったのですが、ビックリ3万円くらいしました。

一緒にかった純正エアクリーナーで何とかします。400円です(笑)

2016-03-01 21.00.23

 

エアクリ内はこんあ感じでファンネル形状になってます。

上手く使えそうです。

2016-03-01 21.01.22

 

 

インシュレーターはこんな感じなんで、ライフのヘッドにアダプタを介してつけようかと思います。

キャブのピッチがライフ=70mm、CVK=75mmで合わない部分もアダプタで吸収予定です。

2016-03-01 20.57.50

 

 

とりあえず、アダプタづくりあたりから始めましょうかね。

 

 

エンジンも全然組めていないので、ボチボチやっていきます。

 

 

途中で無難なCRとかFCRに変わってたりして(笑)

 

 

おしまい。

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Flashカレンダー
訪問者

検索フォーム