FC2ブログ

自作CNCの製作を終えて、GB500とライフ360と戯れてます・・・

ライフ360 ~エンジン計測 クランク&コンロッド~

2015/12/06 23:25 ジャンル: Category:エンジン製作
TB(0) | CM(4) [Edit]

どうもこんばんは。

 

最近夜な夜なガレージ作業です。

10年くらいエンジンから遠ざかっておりましたが久しぶりに始めたら目覚めてしまいました。

 

さて本日はライフ君の分解したエンジンの各部測定です。

 

地味ですが、カン、コツで補えるほどの経験はないど素人ですので、数字が命でございます。

2015-12-03 17.46.48

 


まずはクランクの計測から。

コイツが使えないとある意味このブローエンジンは本当にゴミになってしまいます(笑)

 

最初はVブロックで計測しようと思いましたが、手持ちのVブロックがジャーナルにセットできないので

旋盤を両センターで使います。

2015-12-03 18.01.04.00

 

写真が左右反転してあるのは、サービスマニュアルのジャーナル、ピンNo.と順序を合わせるため。

完全に私の記録用です(笑)

2015-12-04 19.33.162015-12-04 19.34.21

 

クランクシャフト測定結果

  ①ジャーナル1 ②ピン1 ③ジャーナル2 ④ピン2 ⑤ジャーナル3 S/M基準値
直径A 35.972 35.965 35.970 35.964 35.967 35.982~36.000
直径B 35.971 35.972 35.972 35.974 35.971 35.982~36.000
真円度|A-B| 0.001 0.007 0.002 0.010 0.004 0.003(限度0.01)
曲がり(振れ) 0.000 - 0.000 - 0.001 0.05
(ケース穴径) (40.000) - (40.000) - (40.000) -
(親メタル厚さ) (2.000) - (2.000) - (2.000) -
(オイルクリアランス) 0.029 - 0.030 - 0.033 0.024~0.042

 

曲がりがなかったのは一安心です。

真円度はピン部分は限度いっぱいの数値です。

レシプロエンジンですので当然A方向の寸法が痩せてしまうのでは致し方ないことです。

 

と言うわけで腰下分解時に子メタルが編摩耗するのは納得ですね。

 

直径も全体的にちいさめなので本来であればキツメのメタルを設定したいわけですが、

・子メタル:流用STDサイズ

・親メタル:該当なし(再使用)

・スラストメタル:該当なし(再使用)

なので、子メタルのみ注文して組むことになると思います。

オイルクリアランスは仮で書いてありますがケース側の穴径も計っていないしメタルのクラッシュハイトがあったりするので実施に計ってみないとよく分かりません。。。

 

一応オイルクリアランスを確認して組みますがダメでもそのまま使うしかありませんが・・・(^_^;)

 

 

続いて、コンロッド。

  ピストン1(R側) ピストン2(L側) S/M基準値
小端部直径A 17.103 17.032 -
小端部直径B 17.004 17.031 -
(ピストンピン径) (17.000) (17.000) -
小端部最大スキマ 0.103 0.032 0.013~0.034(限度0.05)
大端部直径A 39.042 39.030 -
大端部直径B 39.029 39.042 -
クランクピン最少径 35.965 35.964 -
(子メタル厚さ) (1.500) (1.500) -
(大端オイルクリアランス) 0.077 0.078 0.026~0.044

 

大端部のオイルクリアランスはまぁ計ってみないとわからないので置いといても、小端部のガタはひどいですねぇ~。

 

それなりの道具で計っているのですが、何度も計測し直してしまいました(笑)

 

小端部最大スキマ0.1mmというと・・・そうです。手でガタガタです(^_^;)

うぅ~ん。

 

そのまま組んでもいいのかな。。。。

 

でも多分このスキマが子メタルをダメにしてるんだよなぁ~。

 

 

 

とりあえず、クランクは使えそうだから良しとしておきます。

 

 

 

 

おしまい。

関連記事

拝見させて頂きました。関東ライフ乗りと申します。
コンロッドとピストンピンのガタはネックですよ本当に。ライフやステップバン乗りの人は多いのですが、計測などに拘る人はあまりいないので共感しました。
http://www.cmsnl.com/honda-n360-life_model7903/partslist/E16.html#results
上記の通りオーバーサイズピストンピンが存在する様子なので、消耗品扱いなのでしょうね。もちろん新品は注文しても既に廃盤でした。A型やL型のフルフロー加工時のように、コンロッドにブッシュを圧入してラップすれば良いのでしょうが、コンロッド小端の肉も薄いのでブッシュ分の切削に耐えるかどうかですよね。
私の場合、親メタル子メタルスラストメタルともにWPC加工へ出し、いざプラスチで確認するとクリアランスが多すぎでした。なので別のクランクを手に入れて親子メタルは規定値に収まったのですが、やはり小端が1/20くらいガタで、別のコンロッドを何本か入手して、やっと1/25に収まりました。ここまで来るのに3年掛かりですから先は長いです。
[ 2015/12/23 18:11 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
関東ライフ乗りさん、こんばんは。

私のは単にこのエンジンを知らなすぎるので‥ってヤツですけど(^_^;)
きっとこのエンジン専門の人はウィークポイントをご存知でしょうから測らなくてもそれなりに組んでしまうのでしょう。

貴重な情報ありがとうございます。
実はピストンピンのオーバーサイズの存在を探していたのですが、
まさか純正で存在するとは目から鱗です。
でも存在するということは、磨耗前提なのですね。

このエンジンは残念ながら小端部が薄過ぎるので、ブッシュ圧入は厳しそうですね。
私も中古コンロッドを考えていましたが、何本も揃えるのは厳しいので
いただいた情報を加味してオーバーサイズピンを製作しようと思います。
[ 2015/12/23 21:06 ] [ 編集 ]
ご返信ありがとうございます。
いつか問題にされる話題と思いつつ、ライフ乗りの間では一切話題にならなかったので、こちらで考えていた打開策があります。
ホンダCJ360と言うオートバイが主に国外輸出モデルとして存在していました。
http://www.cmsnl.com/honda-cj360t-1976-usa_model1035/partslist/E++13.html#results
そのピストンが67mmでEAエンジンと一致します。ただし、ピストンピン径は16mmなので単純な流用とは誰も考えていない様子だったみたいです。今回の様に、コンロッド・ピストンピンとして考えれば16mmの方が実は都合が良く、ライフのコンロッド小端を1mmボーリングを行い、16mmでt=1のブッシュを圧入し、ラッピングで仕上げれば問題は解決すると思います。t=0.5のブッシュならボーリングすら必要ないのですが、さすがに保持は厳しいと思います。
もちろんピストントップのリセスカットなどの処理はありますが、現実的にこれが一番の打開策かと思っていました。なお、CJ360のピストンピン、ピストンリングは現在も新品が入手可能で、ピストンもebayやオークションで入手するのは困難でない様子です。つい先日までは、EAエンジンの代替ピストンリングが存在していなかったのでこの案を考察していたのですが、現在は代替品が新品で入手できますからちょっと意味が無くなったとも思うんです。

上記でそれっぽい事を書きながらも、もっともっと単純で簡単な方法として、カワサキZ1のピストンピンが17mmのL=59mmなので、これの端部を左右1mmずつ切削すれば…
[ 2015/12/25 13:18 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
関東ライフ乗りさん。こんばんは。

私はライフ(EAエンジン)初心者なので、あまり存じ上げないのですが確かに話題になっていない様ですね。
まぁ車種がマイナーすぎるのかもしれません(笑)

また、通な情報ありがとうございます。
CJ360・・・見た目は見慣れたデザインですが、初めて聞きました。
CB360Tなんかと兄弟車みたいですね。ストロークもこの時代のHondaに多い50.6mm。
ピストンピン径16mmでしたら、おっしゃる通りブッシュが入れられそうです。

Z1のアフターマケットピストンも狙っていたのですが、高くて・・・(^_^;)
2バルブだし、結構良い形状のものがあるのですが・・・。


ブログは進んでおりませんが、実はシリンダー周りの段取りは進んでおりまして
代替えピストンとスリーブは準備できております。
ピストンは純正流用φ73.75、スリーブは外径φ78.5です。
年明け早々に内燃機関屋で加工予定です。
ピストンはコンプレッションハイトが多少低いのでシリンダーは面研で圧縮比を合わせます。

バルタイもそれなりにズレるので、プーリー加工も必要で・・・

ピストンピンはφ17.1のマイナス公差で新作して、
ピストンピン穴とコンロッド小端部はリーマーで調整です。

結構加工を入れるので、流用車種などは上手くいったら公開しようかと思っております。。。

[ 2015/12/25 20:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Flashカレンダー
訪問者

検索フォーム