FC2ブログ

自作CNCの製作を終えて、GB500とライフ360と戯れてます・・・

ステッピングモーターの作動テスト

2013/05/13 20:36 ジャンル: Category:制御
TB(0) | CM(0) [Edit]

さてさてCNCプロジェクトの続きです。

 

前回はPCにCNCソフト=MACH3インストールしたので、

実際にステッピングモーターを作動させてみます。

 

これができてしまえばCNCマシンのステージ駆動のコアな部分は終了。

 

ちなみに前回の記事を引用すると

>1.CADデータ生成(CADソフト)

>2.Gコード生成(CAMソフト)

>3.削る(CNCソフト=インターフェース基盤=マシン各軸ドライバ=ステッピングモータ

赤字の部分です。ハイ。

 

PCとパラレル接続を選択した場合インターフェース基盤、ドライバ、ステッピングモータの選択肢は様々です。

 

私の場合は、

・完成品を買うほどお金がない

・半田とかめんどくさい

・そこそこネットに情報がある

ってことで下記の組み合わせを選択しました。

 

■インターフェース基板:エレ・メカ・ホビーショップSEC

■ステッピングモータードライバ:エレ・メカ・ホビーショップSEC製2層ユニポーラドライバ

■ステッピングモータ:オリエンタルモーター製PK268-02B

 

で、とりあえず仮接続

ゴチャゴチャ・・・・

2013-05-04 00.35.33

モーターはとりあえず2つ接続(実際はXYZ軸で3個)

 

 

自分メモ。

driver_setting

ディップスイッチ:マイクロステップ8分割設定

駆動電流:2A(REFとG2間電圧を0.3VになるR7を調整)

電源ONでモーターがロックすることを確認

 

 

 

んで、MACH3を起動。。。

 

JOG操作で動かしてみました。

 

 

ぬぉ~、なんかそれっぽい音!!

 

一発で動いてしまった。

 

 

原理とかは後で勉強しよう。たぶん。。。。。

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Flashカレンダー
訪問者

検索フォーム