FC2ブログ

自作CNCの製作を終えて、GB500とライフ360と戯れてます・・・

GB500 ~フォークとホイールの選定~

2014/12/28 00:46 ジャンル: Category:GB500
TB(0) | CM(0) [Edit]

前回のステム&トップブリッジに引き続き、フロント周りのフォークのホイールを選定してきます。

 

データはそろっているので、CAD上での検討なのであまり面白くありません(笑)

 


ってことで、ガレージが寒い&仕事納めで疲れたのでCAD上での検討をしました。

 

そもそもGB500の足回りを入れ替えようとしている理由はなんだったかと言ううと、

・フロント周りの剛性感のなさとブレーキ利きの悪さ

・スポークホイールが嫌い

なんです。

 

そもそも開発者のコンセプトはヒラヒラ走る英国車風バイク(だと思いますw)

決して攻めまくるバイクではないでしょうから、変更するのは別にGBが悪いわけではなく私の自己満足ですね。

 

しかもハンドリングは決して悪くなく、むしろ好きな部類なので変えたくない訳です。

 

そうなると私のようなバイクど素人がカンでハンドリングに影響するキャスター角やトレールを変更しないで各部を入れ替えるのがベターな訳です。

ぶっちゃけトレールが10mm変わってどのくらいハンドリングが変わるかなんて知らないしwww

 

 

 

さて、前置きが超長くなりましたが、まずはGB500の仕様です。

 

 

GB500

キャスター角 [°]

29°25’

トレール [mm]

124

フォークオフセット [mm]

45

フォークスパン [mm]

180

フォーク長さ [mm]

790

フォーク径 [mm]

35

 

ホイールサイズ [インチ]

18

タイヤサイズ [-]

90/90-18

タイヤ外径 [mm]

φ627

 

 

 

キャスター角29°・・・通りでフロント周りがスッカスカだと思いましたw

50

 

 

ホイールはスポークの多いキャストが好きなので、マルケジーニにします。ウソですwww

 

お金がないので、ホンダ純正流用で選びます。

 

キーワード

『17インチ、6本スポーク、ダブルディスク、幅狭め』で色々調べますと、

 

多分この辺のキャストを流用になると思います。

1991年式_NSR250R_SE

NSR250R MC18です。あれ?ステムもコイツでしたね。

 

因みに歴代NSR250RのMC18/21/28はフロントホイール共通で6本スポークの3Jみたいです。

なので、タイヤサイズは90/90-18から110/70-17になります。

タイヤの選択肢は大分増えそうですね。

 

で、ここまで決まるとCAD化できるので、描いてみました。

141227_GB500_fork

 

なかなかいい感じに収まりそうです。

 

通常単純に18インチから17インチ化するとトレール量が20㎜程度減ってしまい直進安定性などに問題が出てくるのですが、今回はステム変更によりフォークオフセットが45mmから35mmに減ることでトレールを変えることなく17インチ化できそうです。

 

GB500 17インチ仕様

 

GB500

GB500_改

キャスター角 [°]

29°25’

トレール [mm]

124

125

フォークオフセット [mm]

45

35

フォークスパン [mm]

180

192

フォーク長さ [mm]

790

814

フォーク径 [mm]

35

41

ホイールサイズ [インチ]

18

17

タイヤサイズ [-]

90/90-18

110/70-17

タイヤ外径 [mm]

φ627

φ586

 

ただし、フォーク長さ814mmはなかなか厄介で

・NC39(CB400SF)・・・770mm

・NC30(VFR400R)・・・700mm

・MC18(NSR250R)・・・735mmくらい?

※すべてアクスルからインナーチューブ端までの長さ

 

狙っていたNC39でも長さが45mmくらい足りませんね。

 

最悪延長するか、なんかほかの車種のインナーチューブもあるでしょう(笑)

 

 

本日はここまででおしまい。

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Flashカレンダー
訪問者

検索フォーム