FC2ブログ

自作CNCの製作を終えて、GB500とライフ360と戯れてます・・・

キャリパーのアルマイト加工

2014/09/09 23:02 ジャンル: Category:OTHER
TB(0) | CM(0) [Edit]

前回のアルマイト加工に味を占めて、いよいよちゃんとした製品へのアルマイト加工に挑戦します。

 

今回のターゲットはPM(パフォーマンスマシーン)の4POTキャリパーです。

 

ま、自分のじゃないんですけどね~

 


元々アルマイトがかかっていたらしいですが、経年劣化が酷い状態でした。

 

分解&ブラスト処理は依頼者の方がやってくれるとのことだったので、引き受けてみました。

 

ぶっちゃけ結構お高い部品なので、自分だったら多分業者に出しますw

 

まぁ、失敗してもOKとのことでしたので、実験台になってもらいましょう。

 

処理前の写真が見つからなかったので、いきなりドボンしてます。

パイプユニッシュだかフィニッシュだかの中で表面をきれいにします。

暖めると反応が早いです。

2014-09-05 16.39.38

 

水で洗浄中。。。。

前回同様スマットだらけになってしまいました。。。

恐らく17Sとかなんじゃないでしょうか。

スマトリンを買ってないので、ブラシでゴシゴシして落とします。

2014-09-05 16.47.29

 

アルマイト開始です。

陽極酸化処理をします。

16Vで5A流れています。

表面積からするともう少し電流がせるはずですが、電源が限界です。

2014-09-05 17.08.49

 

やはり前回より温度上昇が早く、冷却装置「北のグルメ」を追加

2014-09-05 17.30.14

 

 

洗浄して、染色処理します。

2014-09-05 17.54.17

 

はい失敗wマダラです。。。。

2014-09-05 18.01.02

 

 

もう一回最初からやり直して・・・・

2014-09-06 19.25.01

 

今度はそこそこ綺麗になりました。

 

失敗した理由は正直よくわかりませんが、染色処理で染まらなかった部分は

アルマイトがかかっていない様で電気が流れていました。

 

ってことは陽極酸化処理の段階で失敗しているということなんですが、

一部だけ酸化被膜が剥がれてしまうとか、被膜ができないなんてことがあるんでしょうかね。

 

まだまだ勉強不足なんで謎だらけです。

 

 

とりあえず、2回目でできたんで良しとしておきましょう。

 

 

 

おしまい。

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Flashカレンダー
訪問者

検索フォーム